スマート後払いと給料ファクタリングの違いについて

スマート後払いと給料ファクタリングの違いについて

現在、給料ファクタリングから乗り換えてSmartツケ払いを利用する人が増えているようです。実際、Smartツケ払いと給料ファクタリングはどう違うのでしょうか?分かりやすく比較してみたいと思います。

Smartツケ払い公式HP

違法性があるかどうか

給料ファクタリングは、ご存知の方も多いかと思いますが、要は給料を担保にした前借りのようなものです。

業者にもよりますが、即日で現金化できるサービスとして人気を集めていたのは確か。ですが、「その実態は貸金にあたるのではないか?」などという批判も高まってきており、裁判になっている例もあるようです。

Smartツケ払いに関しては別で何度も説明しているとおり、きちんと商品(FX自動取り引きツール)を販売し、その商品に対するレビューをしてくれたことへの謝礼、という形で現金を受け取れるので、違法性は給料ファクタリングよりも圧倒的に低いです。

手数料が適正かどうか

給料ファクタリング業者の中には法外な手数料を取るところがあるのも確かです。中には闇金より高いのではないかと言われているところまで存在します。実際に現金を手にでき、期日までに確実に返済できれば問題は無いといえば無いのですが、果たしてSmartツケ払いと比べて納得のいく手数料なのかはよく考えるべきかもしれません。

在籍確認があるかどうか

実はこれがかなり重要なのですが、給料ファクタリング業者のほとんどには在籍確認があります。職場に在籍確認の電話などかけてきてほしくない人がほとんどでしょうから、在籍確認がないという点だけでもSmartツケ払いに大きなアドバンテージがあります。

給料ファクタリングには悪質業者も

残念なことに、給料ファクタリング業者には悪質なところも存在します。上で書いたような法外は手数料を取るところだったり、ひどいケースだと闇金業者が給料ファクタリング業者を装っている場合などもあるようです。

そのような悪徳業者に引っかかってしまうと、

・会社にバラすと脅されて口止め料を取られる

・取り立てが厳しい(自宅や会社まで取り立てに来る)

・個人情報を悪用される

などといった被害に遭う可能性があります。

まとめ

以上のことから、Smartツケ払いに比べて給料ファクタリングには

・違法性の観点から見るとかなりグレーである

・悪質業者が存在し、高い手数料を取られるなど被害に遭う可能性がある

・在籍確認がほぼ必須

などのデメリットがあります。給料ファクタリングからSmartツケ払いに乗り換える人が増えているのも当然かもしれません。

Smartツケ払い公式HP TOPページを見る